Topへ戻る
 建築設計と耐震診断  株式会社     
「終いの棲家

 
   伝統的構法で建てた家「終いの棲家」です。

 
  竹小舞土塗壁、大工さんの手刻みによる「家」

    【建築場所】 広島市東区戸坂惣田1丁目

    【建物規模】 木造平屋 112.2u(34坪)

    【建築期間】 2011年1月 〜 2011年11月末(約11ヶ月)

    【施      工】 矢野工務店有限会社(広島県三次市)


 建築中の様子がご覧になれます 
 

                    1間幅の廊下、桁方向にほぼ端から端まで通っています。


          化粧の野地板・垂木、梁、母屋なども全て顕わしです。



          伝統的な仕口・継手を使った木構造、
          全て熟練した大工さんの手刻みです。


          接合部には一切金物を使っていません。

 
          <手刻みによる仕口・継手の一部>

                   金輪継ぎ、追掛け大栓継ぎ、渡り顎・・・・

    
 
   
 
                 長ホゾ差し込み栓打ち                        追掛け大栓継ぎ
   
 
          <竹小舞>
                      一本一本、職人さんの手で掻いてゆきます。

 

   
 
          <土塗壁>
                    荒壁といわれる壁の下地、乾燥まで3〜4ヶ月
                    乾燥後に中塗り、そして仕上げの上塗りと3段階の工程です。

 
 
          内部の壁は、珪藻土入りのわら土壁
          床はすぎの無垢材、
          柱・梁などすべての構造材を顕わしにしています。

 
 
          内部の建具は、すぎの無垢材を使っています。
          黒竹の丸い飾り窓をアクセントにしています。

 
 
                         ホールとキッチンの境の壁にも黒竹の飾り窓、
                         開放感を演出しています。

 
 

                      黒竹の床地板                 周遊性を持たせるための桧の濡縁
     
 

          照明に映える漆喰の壁、風情がある佇まいです。

 
 
         
           
戻る