Topへ戻る
 建築設計と耐震診断  株式会社サイトマップ     
「耐震改修」

JSCA構造デザイン交流会2013発表概要
<H邸耐震改修工事>                                                                  

      築約90年を超える古民家、リフォームを併せて耐震補強を行った事例です。

    【所 在 地】 広島県東広島市安芸津町

    【施工会社】有限会社 道建設


<改修前>
 
                   
                                            <改修後>

                                                                                     外周:漆喰塗り壁・ すぎ腰板
                                                                                     屋根:石州防炎瓦

 



<改修前>                  →                  <改修後>
 

       玄関部分

             引戸:木製
             スロープを設け、段差を解消

         
 

       土間

             土間部分に浴室などの水回りを新設
             土間の窮屈さを解消するために、
             土間天井部分を全て吹抜けにする
          
 

       キッチン

             土間、食事場に床を貼り、
             リビングキッチンに改修。
             奥側は洗面脱衣場へと続く
          

            キッチン側からリビングと奥の寝室を見たものです。

          
 

       仏間

             内部の壁は、漆喰に塗り直し
             建具も全て取替
           


            土間部分を洗面脱衣場に模様替え
            既存の梁を生かし、古民家の風情を出しています。

           


      1階居間の天井

            すぎの積層材J-パネル(12o厚3層)を使用、小屋裏の床を兼ねています。
           


       小屋裏

             屋根の葺き替えに合わせて、既存の垂木等を撤去、
             新たに化粧の野地板(すぎ)、垂木を掛ける。
           
 
             床はJ-パネル、壁一面にすぎの壁板を貼っています。
           


       広縁

             既存の濡縁に建具を設け、
             広縁に模様替え。
           


<耐震補強部材>

     今回の工事の耐震補強に用いた耐震補強部材です。

     制震ダンパー「仕口ダンパー」
        柱と梁や足固めの仕口部分に取り付けます。
        建物の揺れを軽減する効果があります。
           

     接合部補強金物「アコーディー」
        柱と梁・足固めの仕口部分に取り付け、柱の抜けを防ぎます。
        同時に揺れを軽減する減衰効果もあります。
    
 
 
 
 
 
           


     


 
   
           
戻る